京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

相続税のキホン

相続税の計算方法

相続税の計算方法ですが、単純に被相続人の相続財産に課税される訳ではありません。具体的に言えば、①いったん法定相続割合で相続人が相続したものとみなして、②それぞれの相続分に、それに応じた相続税率を乗じて、相続税額を算出します。③その合計額を実際に相続人が取得した相続財産に応じて按分して、相続税を負担します。

このような計算をする理由は、原則として相続人がどのような相続財産の分け方をしても、相続税の総額が変わらないようにするためです(配偶者控除を除く)

 

計算方法1

では、もう少し具体的に見ていきましょう。

①遺産総額から、非課税資産、債務、葬式費用をマイナスして、正味の遺産額を算出します。

②正味の遺産額に、相続開始前3年以内に相続人が被相続人から贈与を受けた財産をプラスします。これが課税される価額となります。

③、上記②から基礎控除(3000万円プラス法定相続人1人当たり600万円)をマイナスします。この金額が課税される遺産額となります。

計算方法2

④基礎控除をマイナスした後の課税される遺産額を、まずは法定相続分に応じて、各相続人が財産を取得したものとします(標準世帯の場合ですと、被相続人の配偶者が2分の1、子供2名が各4分の1です。

⑤上記④の取得分にそれぞれ税率を乗じます。相続税は累進税率を採用していますので、注意して計算します。

⑥上記⑤で計算した相続税額の合計額を実際に相続した資産の割合に応じて按分します。配偶者の取得分には、配偶者控除が適用されます。逆に、法定相続人以外の人が相続財産を取得した場合には2割が加算されます。

具体例

少しわかりにくいと思いますので、上記の③から後を具体的な数字で説明します。簡単な例ですが、父母と子供2名の標準世帯で父親が死亡し、課税価格の合計額が1億円とします。

③1億円ー(3000万円+600万円×3人)=5200万円

④法定相続分で按分する。

母・・・5200万円×2分の1=2600万円

子供2名・・・5200万円×4分の1=1300万円(2名)

⑤税率を乗じる(速算表を当てはめて計算します)

母・・・2600万円×15%-50万円=340万円

子供・・・1300万円×15%ー50万円=145万円(×2名分)

合計・・・340万円+145万円+145万円=630万円

⑥実際に取得した相続財産の比率で按分する

例えば、子供2名で全て分けた場合には、『630万円×2分の1=315万円』となります。

配偶者控除について

上記の例で仮に母が全財産を相続した場合には、配偶者控除により相続税は0になります。つまり配偶者控除は下記のいずれか大きい金額まで控除されます。

①法定相続分

②1億6千万円

つまり、母が相続した場合には最低でも1億はh6千万円の相続財産までは税金がかかりません。これは父の相続財産の形成に内助の功として母が寄与したことを考慮したためと言われています。ただし、リスクもあります。

母も働いていた場合などで、母名義の財産も多く存在する場合には父の財産を母がすべて相続すると、母の死亡時(2次相続と言います)の相続税負担が重くなる可能性があります。

そのため、相続税のタックスプランニングは2次相続を見据えて考える必要があります。

 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。