京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

はじめての相続

はじめての相続

こちらでは、
相続がおこったときから解決までの流れの中でしばしば起こる問題点や疑問点について案内いたします。

最初に相続について一言申し上げます。

相続は、人生において何度もおこるものではありません。自分と配偶者合わせてもその両親は4人です。『相続になれている』という方はいないと思います。

また、内容的にも民法や税法など複数の法領域にわたり、なおかつ人の気持ちが絡むため、『正解』というものが存在しないと思います。

そのためにも悩んだ場合には、ぜひ複数の専門家からアドバイスを受けましょう。逆に言えば、複数の専門家が複数の視点からアドバイスすることで最善の選択を生むと考えます。

はじめての相続

被相続人(亡くなられた方)が残された遺産が一定の額を超える場合には相続税が課税されます。また、生前の贈与については贈与税が課税されます。この2つの税金についてみていきましょう。

また、少しわかりにくいのですが、被相続人(亡くなられた方)が残された遺産を相続人が売却した場合には、相続税に加えて、所得税(譲渡所得税)が課税されることになります。これは相続税とは別物ですので注意が必要です。

被相続人が相続人を受取人として生命保険に加入していた場合には、相続人は生命保険金を受け取れます。この生命保険は『被相続人死亡後の相続人の生計の維持』という役割を果たすため、相続において重要な役割を果たします。

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。