京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

相続のキホン

相続放棄

こちらでは「相続放棄」について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

相続放棄とは?

相続放棄とは、その字のとおり、相続することを放棄するということです。

相続するということは、現金・預金・不動産などプラスの財産をもらうだけではなく、借金・滞納金などのマイナスの財産も自動的にもらわなければならなくなります。
そこで、一切相続に関わりあいたくないという人のために、この相続放棄の手続きがあるわけです。

相続放棄を考えるうえでの注意点は次のとおりです。

①被相続人が死亡前にはすることはできない
→あらかじめの相続放棄は違法です。強制して放棄をさせるということを防ぐためです。

②自分のために相続があったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に申述する必要がある
→家庭裁判所で認めてもらうことによって、借金の債権者に「自分は相続人ではない」と主張することができるようになります。

③プラスの財産ももらえなくなる
→相続放棄をすると初めから相続人ではなかったことになりますから、プラスの財産ももらえなくなります。

④他の相続人に相続がまわっていく
→相続放棄をすると初めから相続人ではなかったことになりますから、当該相続手続きにおいては自分がいないものとして相続は行われます。したがって他の相続人が相続することになります。ただし、自分の子には相続はまわりません(代襲相続はありません)。

 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。