京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

相続のキホン

遺産分割

遺産分割とは

 被相続人(亡くなられた方)が亡くなられたとき、遺言書があれば故人の意思として尊重され、そちらに書かれている通りに遺産が分けられます。

 しかし、遺言書が存在しなかった場合は、法律の決まり通りに法定相続に従って遺産が分けられます。

 ただ、現実には様々な事情から、機械的に単純計算した分割割合や方法では相続人(遺産を受け継ぐ方)が納得できない場合が多いと思います。

 このような場合に、遺産に対して「誰が」「何を」「どれだけ」相続するのかを具体的に決める話し合いの事を「遺産分割協議」と言います。

 法定相続人として相続権がある人全員が参加しなければ成立しません。誰か一人でも欠けていたら、協議は無効です。

 この協議に参加した相続人全員の意見が一致すれば、法定相続とは違う割合や方法で相続を行っても全く問題はありません。

 ただ、協議が整わないときには、遺産分割は家庭裁判所の調停及び審判という手続で行われる事となり、多くの時間と費用がかかります。更に、この手続でも決まらなかった場合は通常の裁判に移行します。裁判では通常法律にのっとった判断がなされるので、時間と費用をかけた挙げ句結局は法定相続による割合での相続という基本に戻る事となります。できる限り、遺産分割協議の中で解決される事をお勧めします。

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。