京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

はじめての相続

相続のキホン

 こちらでは、『相続のキホン』についてご案内いたします。

 まず、相続とは「ある方が亡くなられた場合に、その方が生前に築かれた財産や権利義務など(遺産)を他の誰か(主に近い血縁関係にある者)が受け継ぐ」事です。

この際に、亡くなられた方(被相続人)が何の意思も示さない状態で亡くなられた場合、法律に定められた基準と手続によって相続を受ける方とその分配を決める事となります。これを「法定相続」と言います。様々な事情が考えられますが、それまで仲の良かった家族や親戚の仲が、被相続人の死後にこじれるのは主にこの場合です。

財産や権利義務を築かれた被相続人が、相続を受ける者(相続人)にその意思を示したものが「遺言書」です。

これが存在しない場合は、相続人全員で話し合いを行う「遺産分割協議」を行います。この協議がまとまらない場合は、家庭裁判所での調停やその後の裁判という手続に移っていきます。

もちろん被相続人は遺された家族がそのような争いをする事を望まれてはいないでしょう。生前には仲の良い家族の姿をごらんになっていると思います。「何も言わなくても遺された家族はわかってくれるだろう」と思われているでしょう。

 しかし、実際には相続が発生すると法律上の相続人(法定相続人)間で色々な衝突が生じる事が多いのが事実です。

また、被相続人に身寄りが無く法定相続人がいらっしゃらなかった場合は、最終的に国(国庫)にその遺産が属する事になります。

ですので、我々としては、是非「遺言書」を作成していただく事をお勧めしています。

 遺言書を作成していただければ、ご自身の意思を文章という誰が見ても伝わる形で遺された家族に伝える事ができます。また、先に述べたように法定相続人がいらっしゃらない場合でも、遺言書に書いていただければ、法定相続人以外のお世話になった方に遺産を受け継いでいただく事ができます。

 ただ、実際に遺言書を作ろうとなさっても、お歳を召されてからではなかなか難しい事が多いです。ご自身の正確な財産を把握して整理する事、相続人を正確に認識する事などなど。何より遺言書を遺言書として法的に有効なものとするためには厳格な要件が決められており、ご自身で作成されてもそれが本当に有効になるか自信を持って判断される事は難しいと思います。

このような事を考えながら作業を進めるには、現実問題としてかなり気力と体力を使います。元気なときでなければ遺言書は作れないのです。

我々は皆様のこういった事へのお手伝いをさせていただきたいと考えております。
わからない事があればお気軽に御相談ください。
 

相続のキホン

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。