京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

相続税のキホン

私にも相続税がかかる?

 平成27年1月から相続税が改正され、相続税の基礎控除が下げられたため、相続税について世間で色々と言われています。
 『大増税!』『貴方にも降りかかってくる』
 実際のところどうなのでしょうか?ジックリ見ていきたいと思います。

基礎控除額の引き下げ

相続税は、亡くなられた方すべでに課税される訳ではなく、相続財産の価格が一定の金額を差し引いた残りの金額に課税されます。この差し引かれる一定の金額を基礎控除と言います。平成26年以前は、基礎控除額が5000万円プラス法定相続人1人当たり1000万円であったのが、平成27年1月以降に生じた相続については、基礎控除3000万円プラス法定相続人1人あたり600万円に減額されました。

計算例

これを具体的にみてみましょう。父母と子供2名のいわゆる標準家庭で、父が亡くなったとします。法定相続人は母と子供2名の合計3人です。

(改正前)

5000万円+1000万円×3人=8000万円

(改正後)

3000万円+600万円×3人=4800万円

このように、標準世帯で言えば基礎控除つまり『相続税がかからない金額』が、8000万円→4800万円とかなり低く下げられました。今回の改正により地価の高い都市部に土地をお持ちの方などは、相続財産の評価が高くなり、相続税のリスクが高まる事になると言われています。

 

税率

 

相続税は10%~55%の累進税率(ちなみに平成27年1月から最高税率が50%から55%に引き上げられました)。

贈与税も10%~55%の累進税率です。

言うまでもないことかもしれませんが、高額な資産をお持ちの方ほど事前の節税対策が必要になります。

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。