京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

相続のキホン

特別受益

こちらでは「特別受益」について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

 

特別受益・寄与分とは?

特別受益とは?
複数の相続人の中に、被相続人から遺贈や贈与を受けた相続人がいる場合、この相続人が他の相続人と同じ相続分を受けられるとすれば不公平になります。

そこで、複数の相続人間の公平を図るために、こうした遺贈や贈与を受けた分を特別受益分として、相続財産を算定する際にその受益分を相続財産の中に含めて各相続人の相続分を計算します。これを「特別受益の持戻し」と呼びます。

この特別受益の持戻しをする必要があるのは、相続人の中で、被相続人から遺贈を受けた者、婚姻、養子縁組のために贈与を受けた者、生計の資本として贈与を受けた者です。
 
例えば、被相続人(死亡した人)Xの相続人として妻Y・長女A・長男Bがいるとします。
被相続人Xは6000万円の財産を残して死亡。長女Aは住宅購入資金として1000万円を、長男Bは結婚資金として800万円をそれぞれもらっていたとします。
この場合、
相続財産とみなす額:6000万円+1000万円+800万円=7800万円
法定相続分:妻Y→7800万円×2分の1=3900万円
長女A・長男B→7800万円×4分の1=1950万円ずつ
実際の相続分:妻Yは3900万円
長女Aは1950万円-1000万円=950万円
長男Bは1950万円-800万円=1150万円
ということになります。

寄与分とは?
複数の相続人の中に、被相続人の事業を手伝った、財産を提供した、療養看護をしたなど特別な寄与があるのに他の相続人と同じ相続分しか受けられなかったら不公平になります。そこで、公平を図るために、特別な貢献が認められる相続人の寄与に相当する額を加えた財産の取得を認めるものとしました。

例えば、被相続人Xは財産を6000万円残して死亡した場合を考えます。相続人は妻Y・長女A・長男Bがいるとします。妻YはXの事業を長年手伝いその寄与分は1000万円とします。

この場合、
相続財産とみなす額:6000万円-1000万円=5000万円
法定相続分:妻Y→5000万円×2分の1=2500万円
長女A・長男B→5000万円×4分の1=1250万円ずつ
実際の相続分:妻Yは2500万円+1000万円=3500万円
長女A・長男Bは1250万円ずつ
ということになります。

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。