京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

ご相談内容

任意後見

こちらでは、「任意後見制度」についてのご説明と当協会京都市支部のサービスについてご紹介いたします。

成年後見制度は、家庭裁判所への申立てにより後見人を選んでもらう「法定後見制度」と、当事者間の契約によって後見人を選ぶ「任意後見制度」に分かれます。
どちらの制度を利用したらよいかですが、一般的には、「法定後見制度」は判断能力がすでに失われたかまたは不十分な状態のときに、「任意後見制度」はまだ判断能力が正常であるかまたは衰えたとしてもその程度が軽い状態のときに利用されています。

ここでは、「任意後見制度」についてご説明いたします。
「法定後見制度」については「法定後見制度」のページをご覧ください。

任意後見契約は、安心の老後設計のひとつです
人間は年を取ると誰でも判断能力が低下していきます。認知症の患者さんも年々増加しているのはニュースでも知られていることですよね。こうして判断能力が低下していくと自分で自分の財産の管理もできなくなってしまいます。また、入院のときの契約手続きや施設入所のときの契約手続き、介護サービスを受けるための契約手続きなどの契約を結ぶことも困難になってしまいます。

そこで、自分の判断能力が低下した場合に、自分に代わって財産の管理をしてもらったり、契約締結をしてもらったりする人(任意後見人といいます)を、元気な今、あらかじめ自分で選んでおく契約(任意後見契約といいます)を結んでおくと安心ですよね。
こうして自分で自分の老後に備えておくことができる制度がこの「任意後見制度」です。
もとより、あなたが任意後見契約を結んでいても、任意後見人による後見がスタートするにいたらずに、最後までお元気で大往生なさるかもしれません。そうなれば任意後見契約書の作成費用は無駄になってしまいますが、将来の安心感に比べれば微々たるものといえるのではないでしょうか。
任意後見契約を結ぶ人は年々増えています。あなたも任意後見制度の利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

サービスのご説明

私ども全国相続協会相続支援センター京都市支部では、任意後見契約に関して以下のサービスを実施いたしております。
ぜひ、ご利用くださいませ。

ご相談をお受けします

任意後見についてわからないこともおありだと思います。まずはご相談ください。

司法書士・行政書士等の専門家が、丁寧にご対応させていただきます。

公正証書を作成いたします

任意後見契約は公正証書にする必要があります。

お客さまのご希望を丁寧にお聞きして契約書を作成します。
そして公証人役場で公正証書にします。

任意後見人の候補者を引き受けます

任意後見人は、ご家族でも私どものような専門家でもなることができます。
私どもに任せて頂ければ、専門家の観点からのアドバイスもできますので、より安心につながります。

死後事務委任契約書の作成および受任

任意後見契約はご本人がお亡くなりになれば終了してしまいます。
もし亡くなった後のことも気がかりでしたら、死後事務委任契約を結んでおくとお亡くなりになった後のことも任せられるので安心です。

当協会サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

お問合せ

平日は時間がないという方も安心です。

このホームページ記載の京都市支部事務局電話番号075-322-1135にお電話くださるか、お問い合わせフォームからお問い合わせをお願いします。

平日はお仕事で忙しいという方のために、出張相談も受け付けております。

無料相談

お客さまとの対話を重視しています。

初回1時間は無料にてご相談をお受けいたします。
ご相談内容の秘密は守られます。安心してお話ください。
任意後見についてわからないこともおありだと思います。
お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

ご契約

弊社はフォロー体制も充実しております。

お客さまのご希望をうかがったうえ、最善の方法をご提示いたします。
納得していただけましたら、ご契約となります。

当協会では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

任意後見人は、ご家族でも私どものような専門家でもなることができます。あなたのお気持ちやご希望をお聞きして決めていきましょう。
任意後見が必要になる前の段階にもご不安があれば、別途「財産管理委任契約」や「見守り契約」を任意後見契約と併せて行うことが可能です。また、お亡くなりになれば、任意後見契約は終了してしまいますが、お亡くなりになった後の手続きにご不安があれば「死後事務委任契約」も併せて行うことも可能です。
あなたの状態に合わせていろいろなアレンジが可能ですので、ご一緒に考えていきましょう。
・任意後見契約書原案作成(原案を公証人役場にて公正証書にしてもらいます)
・財産管理委任契約書作成
・見守り契約書作成
・死後事務委任契約書作成

料金表

ここでは弊社サービスの料金についてご案内いたします。

基本料金表
任意後見契約書作成¥91,200~(実費別)
後見人候補者就任上記+¥30,000~
後見人の費用(報酬)裁判所の基準に従う
死後事務委任契約¥43,200~

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

全国相続協会相続支援センター

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00
(土日祝日除く)

メールでのお問合せは24時間受け付けております。 
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

菊池和夫

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。