京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

相続のキホン

相続人が行方不明

こちらでは行方不明の相続人がいるときの問題について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

 

不在者財産管理人?

産分割協議は相続人全員の同意で行わなければなりません。

ところが、相続人調査をしてみると、行方不明や生死不明になっている相続人が見つかることもあります。

その場合は、

①不在者財産管理人を家庭裁判所に選任してもらう

②失踪宣告を受ける

という方法があります。

 

①の方法をとると、不在者は生存していることを前提として、行方不明の相続人の代わりに不在者財産管理人が家庭裁判所から特別な許可を得て、遺産分割協議に参加することができます。

②の方法をとると、①との大きな違いは、失踪宣告を受けた者は死亡したものとみなされることです。したがって要件も厳しく、火災や震災、津波等天災で生死不明になった場合は1年経ったときに、そうではない場合は7年経ったときに、家庭裁判所に申し立てることによって失踪宣告を受けることができます。

この場合は、もともとの遺産分割協議の原因となった相続のほかに、失踪宣告を受けた者にも相続が発生することになります。

 

行方不明の相続人がいる場合は手続きが複雑になりますので、お早めに専門家へご相談ください。

 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。