京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都市支部」へどうぞ

京都市右京区山ノ内池尻町6番地 京都四条グランドハイツ1F

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-322-1135

はじめての相続

相続税のキホン

相続税に関する根本的な疑問、それは、『なぜ相続に際して税金がかかるのか?』という事だと思います。一般的には下記の2つが挙げられます

①所得の再分配機能・・・税金全般に言えることですが、所得や財産の高い方から税金を徴収して、低い方の福祉のために使うということです。私見ですが、ここには、『社会において過度の貧富の差があるのは良くない』という価値観があると思います。

②所得税の補完機能・・・これは、所得税や法人税については、課税技術上どうしても税金を完全にかけきれない面があるという事です。つまり、故意あるかは別として税金を負担しないで蓄財しても、亡くなった時には相続税で回収しますよということです。

相続税と贈与税

相続税と密接な関連を有する税金に贈与税があります。相続税を払いたくないと考えた場合に、一番シンプルな対策は、生前にすべての財産を子孫に譲ってしまう事です。そうすれば、急死した場合などをのぞいて相続税を負担する事はないでしょう。それでは相続税の意味がありません。そこで相続税を補完する税金として贈与税があります(法律も贈与税法というのはなく、相続税法の中に贈与税が規定されています)。そして贈与税の方が税率が高く設定されております。

このように書くと生前に贈与するのは不利に思われるかもしれませんが、贈与については1人あたり暦年で110万円の基礎控除があります。ですから、生前贈与は相続対策の有効な手段の1つです。

これから、相続税・贈与税についていろいろ見ていきたいと思います。気になる項目については、下記をクリックしてご覧ください。

 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-322-1135

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。