京都で相続手続きや相続税など遺産相続や遺言、成年後見のご相談なら、「全国相続協会相続支援センター 京都支部」へどうぞ

京都市中京区蛸薬師通高倉西入泉正寺334日昇ビル2階
京都フィナンシャルパークス内

受付時間:10:00~17:00土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。

お気軽にお問合せください

075-253-6847

生命保険のキホン

生命保険を使った生前贈与

相続税対策として、子供や孫に生前贈与しておきたいが、現実にお金を渡してしまうと、無駄遣いしてしまうのではないか心配される場合があります。特にお年寄りはそういうお気持ちの方が多いのではないでしょうか。そういったことを心配して通帳や印鑑を手元に置いたままにして受贈者に渡さないのですケースが良く見受けられます。

しかしそれでは、名義預金として贈与を否定されてしまうリスクがあります。それではせっかくの生前贈与が台無しです。

その対処方法として、生命保険を利用するスキームをご紹介いたします。下記のような形で生命保険に加入します。

(契約者=保険料負担者)子・孫

(被保険者)祖父母

(受取人)子・孫

このような形で生命保険に加入した上で、保険料相当額を祖父母から子・孫に贈与します(子・孫の口座に振り込みます)。この場合ですと被保険者が祖父母ですので、祖父母が死亡するまでは子・孫は生命保険金を受け取ることが出来ません。よって、子・孫の無駄遣いを心配する必要はありません。

ただし、注意してほしいのは、あくまでも『保険料相当額の金銭の贈与』ですので、贈与契約の締結は不可欠です。保険料の振込口座は子・孫が管理しておく必要があります。

 

 

 

 

お問合せはこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-253-6847

受付時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)
※ご予約いただければ時間外・休日の対応も可能です。